douro — msのドキュメント読みの経験が活...

略称の元、階層の種類、IDの種類、署名の種類を抑えていくのがまず先にやること。didがDecentralized IdentifiersでAT ProtocolのPDSがPersonal Data Serverとか。記述としてのDIDはdid:method:valという形式の上にdid:web,did:plcがある。did:webはホストベースのドメインの名前解決を行うためのmethod(移管等はサポート外)でdid:plcの代替を目指すatprotoサポート。did:plcはBskyチームによる実装でありplaceholderの略称、本来はidになるものではなかったが、何かid機能を担うなど

douro

xrpcとしてweb画面ではhttpを使うが、atprotoはat://でPDSなどを指定しつつdidと変更可能なhandleのペアでもってアカウントを相互に透過性を持った認証をすることへの仕様と考えたらよいだろうか?階層の解決方法に関する区別としてschmeがからんでいて、path-basedが許可されるものはあまりないように気をつけられているように思う

douro

Similar Posts